LAIDBACK
INTERNATIONAL

KURAWANKA-MLifestyle Design Div.

くらわんか椀(くらわんかわん)とは江戸時代の普段使いの庶民の雑器のことで、ご飯にかぎらず、汁物などをよそったり、酒を飲んだりするのに使用していました。

名は、商人が小舟で三十石船に近づいて「酒食らわんか餅食らわんか」と囃しながら食事を売った「くらわんか舟」に由来すると言われています。

たくさんの庶民に人気を集め日本における庶民の食文化の発展に大きな影響を与えた波佐見焼の歴史で欠かせないもののひとつが「くらわんか椀」です。

 プレート・ボウル・マグ・くらわんか・鉢は陶器(土もの)です。磁器に比べると土の密度が低いため、あまり強度がありません。

土のぬくもりを残した温かさがあり、使うほどに味が出ます。釉薬の「溜まり」「色ムラ」「かすれ」をあえて残しております。手作業で丁寧に仕上げられておりひとつずつ微妙に違う味わいが特徴です。

※陶器には吸水性があります。ご使用前に水に漬けますと茶渋や汚れが付きにくくなります。ご使用後はなるべく早く汚れを落とし、良く乾燥させて収納して下さい。(シミや臭いの原因になります。)

長時間水に浸した状態にすると、水中の汚れを吸収して変色したり、臭いが付着する可能性がありますので、お気を付け下さい。

食洗機の使用はお避け下さい。

Item No
LB-147-01108
Size
120x60H
Color
BLU WHT GRY
Price
¥2500

STOCK LIST